環境方針

株式会社オオキは、会社の発展と環境保全の相互追及を基本理念とし、
社員一人ひとりが常に環境のあり方に目を向け
環境との調和を目指します
 
 
 
 
 
『エコアクション21』を取得している株式会社オオキは、
環境経営の実践を活動目標としながら、併せて『SDGs (エスディージーズ)』を理解し推進する活動をしています。
照明器具のスイッチ盤などに目標第7番『エネルギーをみんなに、そしてクリーンに』を表示したステッカーを貼って節電を喚起するのも、そのための一環です。
『SDGs 』は、国連総会で採択された『持続可能な開発目標』であり、
株式会社オオキは環境を価値に変えることにより社会的責任を果たす企業として、全社を挙げて取り組んでいます。
 
 
 

 

食品ロス削減対応

 
 
 
ページの先頭へ

COOL BIZの実践

Summer


オフィスの冷房設定温度を抑えて節電し、ノーネクタイを提唱しました

Worm Bizの実践

Winter


昨年度に引き続き、一人ひとりが暖房を使うのではなく、みんなでドアの開閉などこまめにすることでエネルギー消費の削減につなげる「WARM SHARE(ウォームシェア)」を心がけます

環境との共存

Environment


評価を受けた株式会社オオキの環境に対する取り組み
社屋周辺付近の清掃活動を実施  河川・緑地の保護を実践

株式会社オオキは、山梨県の環境に関する企業連絡協議会において、令和元年度の環境活動優秀企業に選出され、令和2年(2020年)4月17日に表彰されました。
 環境に関する企業連絡協議会で高く評価されたのは、次の6項目です。
(1) 会社周辺での河川清掃。
(2) 環境省の「エコアクション21」を、2008年から継続取得。
(3) 社内ごみの分別(プラ・紙・シュレッダー・一般ごみ)を実施。
(4) 使用済み容器を回収し、検品を行なったあと工場に送ってリサイクルに貢献。
(5) 回収した容器の検品作業を施設に依頼することで、雇用を創出。
(6) 『モノづくり応援誌』を定期発行して、お客様に環境の大切さを伝える啓蒙活動。


平成5年3月23日に設立された『環境に関する企業連絡協議会』は、会員企業の諸活動と環境の関わりについて理解と認識を深め、本会の特殊性及び専門性を生かしながら、主体性をもって環境づくりに取り組むことによって、「企業の抱える環境問題」の解決及び「環境日本一やまなし」の実現に寄与することを目的とした組織で、会員数は149社(平成31年4月1日現在)です。


電力エネルギーの節約

Eco

電力消費量 前年度比103%削減130,559KWh目標


紙類のリサイクルと節約

Recycle


コピー紙使用量前年度比2%削減 323,235枚
ページの先頭へ

プラザSHOP情報
オオキはヴァンフォーレ甲府
を応援しています